資金が少ない人へ!輸入ビジネスで小資金でも戦える戦法

こんにちは、だいきです!

 

今回は“輸入ビジネスで小資金でも戦える戦法”というテーマでお話をします。

 

輸入ビジネスでは、資金額の大小によって取るべき戦法は変わってきます。

 

ここでいう小資金の人とは、使える軍資金が25万円以下の人を指します。

(25万円以上を軍資金に当てられる人は、資金額が大きい人として数えます。)

 

参考
資金がある人の輸入ビジネスでの戦法

 

軍資金が全くないという方は軍資金をゼロから作る方法の記事で、ある程度の軍資金を作る方法を説明してますので、ぜひとも参考にしてください。

 

それでは内容の方に入っていきましょう!

 

小資金の人がとるべき戦法は以下の5つの戦法です!

 

・“需要:供給=3:1”以上のみの商品しか仕入れない

・利益率が25%以上とれると予想できる商品のみに絞る

・仕入れの限度個数は2個までと絞る

・必ず10%の価格交渉を行う

・週末のみ『注目のオークション』をかける

 

以下で一つずつ詳しく見ていきましょう!

 

“需要:供給=3:1”以上のみの商品しか仕入れない

この条件を設定すると、見つけることに時間を割く分、最初は苦戦するかもしれません。

 

しかし、小資金の人の弱点となる、『資金回収のスピードを速くしないと月々のキャッシュフローが回らなくなってしまうという点をカバーするためにも、最低でも需要と供給の差が二つ以上ついている商品のみに絞って仕入れるようにしましょう!

 

参考
オークファンで需要と供給のバランスを見る方法はこちら

 

具体例でお勉強

 

こちらは以前に僕がリサーチした時のとある商品です。

 

<需要検索画面>

この画面から、直近一か月の需要は3つだということがわかります。

 

対して、供給画面を見てみると、、、?

 

<供給検索画面>

供給検索では1件しかヒットはしませんでした。

 

この場合、需要:供給=3:1と判断されるため仕入れは可能と判断できます。

 

市場には、このような商品が常にごろごろと転がっていますが、商品リサーチに慣れていない最初の頃はなかなか見つけることが難しいです。

 

だいき
僕も最初の一週間ほどはなかなか見つかりませんでした。。。

 

しかし、そこで投げやりにならずに地道にリサーチを続けていれば必ず見つかりますし、需要と供給が2つ以上ついていれば、3週間以内には売れます。

 

ここで得たキャッシュフローを次の仕入れ資金に使うことで、弱点である資金の底つきを防ぐわけです!

 

利益率が25%以上の商品のみに絞る

ここでいう利益率は、予想の段階で計算する利益率になります。

利益額よりも利益率にこだわって仕入れを行うことはとっても重要なことです。

 

僕の場合、利益率が20%を超える商品であれば仕入れに入りますが、20%の場合、市場価格が落ちた時に赤字とはいかずともキャッシュフローが生まれない状態になる可能性があります。

 

小資金の方ですと、余裕があまりないのでこういったリスクはできる限り減らしていきたいですよね。

 

そこで、予想の段階から5%のマージンを持たせておこうというわけです!

 

参考
輸入ビジネスに必須!利益を上げるためには額だけじゃなく率も見よう

 

仕入れの限度個数は2個までに絞る

小資金の人の場合、最も恐れるべき事態は「長期在庫を持ってしまうこと」です。

 

ある程度資金がある場合は、時間をかけて商品を売っていき、資金を回収していけばいいのですが、資金が少ないとそうも言ってられません。

 

繰り返しになってしまいますが、資金が少なければ少ないほどキャッシュフローの回転率をよくしないといけません。

 

そのためには、時間をかけて同じ種類のものを売るよりも、何種類もの商品を市場に出し、資金を回収していく戦法が必然になります。

 

なので、同一商品は最多でも2個と決めて仕入れを行いましょう。

 

POINT
商品市場によっては3個仕入れた方が良い場合もあるので、あくまで一つの認識として考えておけば大丈夫です。

 

必ず10%の価格交渉を行う

商品購入時は、絶対に価格交渉を行うようにしましょう。

 

商売を行うのですから、とにかく仕入れ金は一円でも安い方が良いです!

 

僕は結構私生活でも交渉をする方なんですが、案外言ったもん勝ちな部分って多いと思うんですよね。笑

 

ebayでも同様に、価格交渉の術がいくつかあるので、それを存分に使って値下げをしてもらいましょう。

 

10%程度ですと、値下げをしてくれるセラーは結構多いですよ(^^)

 

参考
ebay値下げ交渉術その①『Make Offer編』

 

週末のみ『注目のオークション』をかける

資金回収の観点から、商品を捌くスピードにはこだわらなければなりません。

 

そこで、その商品ページを見に来るヤフオクユーザーを多く集める(アクセス数を増やす)ことが鍵になります。

 

【ヤフオク!】アクセス数を増やす3つの方法でもご説明しましたが、『注目のオークション』という有料オプションは、アクセス数を増やすうえで大変強力な武器になります。

 

しかし、小資金の場合はそんなほいほいと有料オプションは使ってられません。

 

なので、週末にのみかけるのです!

 

実は、ヤフオクユーザーが最も落札活動が活発になるのが土日の夜9時~11時の間なので、そこに焦点を絞ってこの『注目のオークション』をかける戦法がとても有効です。

 

だいき
カテゴリによっては50円/日で注目のオークション1位になれる市場もあります。そうなるとコスパは最強です。笑

 

参考
ヤフオクで高く売りたい!~注目のオークションを使った落札率UP法~

 

まとめ

・需要・供給の基準を厳しくする

・小資金なら、資金回転率を一番に重視せよ

・利益率の基準を上げて赤字リスクを減らそう

・価格交渉で1円でも仕入れ資金を安くしよう

・『注目のオークション』は効率よく週末のみかける

 

僕自身、初期資金は20万円ほどでこのビジネスを副業でスタートさせ、今や脱サラして会社に縛られない生活を送っています。

 

今回の話は、輸入ビジネスをスタートする上でとても重要な話ですので、しっかりと活かせるようにしてくださいね!

 

また、ebay輸入ビジネスで独自の輸入ルートや外注戦略を築いたノウハウや、副業で月利40万円を稼ぎ、会社に縛られない人生を得るまでのエピソードはメルマガにて無料配信しています。

 

今なら2ヵ月で月利10万円を達成するためのオリジナル教材も無料配信していますので、お気軽にご登録ください。

 

↓↓↓登録はこちらからどうぞ↓↓↓

 

合わせて読みたい記事

資金ゼロならこれを読め!輸入ビジネス用の軍資金をゼロから作る方法

2017.10.01

 

それでは、最後まで読んでくださり誠にありがとうございました(^^)

 

また次の記事でお会いしましょう!