【外注化】クラウドワークスの登録方法と初期設定の仕方

どうも、だいきです。

 

今回は人を雇用する外注に欠かせないサイト『クラウドワークス』の登録方法から初期設定の仕方について解説します!

 

仕事を依頼する場合でも請け負う場合でも、行う登録方法は変わりません(^^)

 

それでは、さっそく内容の方に入っていきます!

 

クラウドワークス登録方法

 

クラウドワークスのHPにアクセスし『会員登録(無料)』をクリックします。

 

登録するメールアドレス(もしくはアカウント)を入力します。

 

入力してエンターを押すと下記のような画面になりますので、メールBOXを確認しましょう!

 

メールBOXには下記のようなメッセージでURLリンクが届いてるのでそれをクリックします。

 

登録時に必要な項目を入力し『確認する』をクリックします。

 

だいき
主な仕事は『受注』でも『依頼』でもどちらか選択しますが、後から変更できます。

 

入力内容を確認し『会員登録を実行する』をクリックします。

 

これでクラウドワークスにはログインできるようになります(^^)

 

初期設定

 

初期に最低限しておきたい登録項目を設定しておきます。

 

まず画面右上の自分のアイコンをクリックし『プロフィール編集』をクリックします。

 

そこでプロフィールの項目一覧が出現しますが、ひとます入力するのは以下の赤枠の3つでOKです。

 

会社情報の入力

 

法人でない場合は個人で行なってる事業内容と簡単なお仕事内容を入力すればOKです。

 

基本情報編集

 

プロフィール(アイコン)画像は顔がわからない程度に顔出しするくらいでいいかと思います。(このニュアンス伝わるかな?笑)

 

必須項目を入力し終わったら『基本情報を更新する』をクリックして完了です。

 

本人確認

 

本人確認書類の提出はできるなら早めにやっておきましょう。(申請から完了まで時間がかかることがあるので。)

 

書類を用意したら『本人確認を始める』をクリックします。

 

あとは身分証に合わせて同じ情報を入力していけばOKです。

 

POINT

ぶっちゃけ本人確認はなくても仕事は依頼できます。
でも仮に相手の立場だったらということを考えて、信頼してもらうためにも入力しておいた方がいいですね!

 

ここまでできればあとはクラウドワークス は自由に使うことができます。

 

だいき
僕は外注さんを雇う時にはこのクラウドワークスをメインで使ってるので、ぜひともこのサイトは有効活用してってくださいね!

 

輸入ビジネスの基礎から応用まで全部まとめた教科書

僕は現在、欧米輸入タイ輸入韓国輸入情報発信を事業軸にして会社に縛られずに自由に暮らすことができてます。

 

一番の収入は欧米輸入で、事業の大半は外注して自動化しています。

 

2017年4月の新卒会社員時代、会社に人生を縛られる感覚が嫌すぎて全くのゼロから欧米輸入ビジネスを副業で始めました。

 

そこから10ヶ月で脱サラし、さらにその1年後には月利100万円を突破し、石垣島に好きな時にショートステイしたり、タイなどでノマドできるようにもなりました。

 

全ては、輸入ビジネスを頑張って試行実践し続けたおかげだと思ってます。

 

そして、そういった僕の輸入ビジネスノウハウや考え方は、僕が2年かけて『Compass』という教材にまとめました。

 

この『Compass』は僕の公式メール講座を受講された方に無料でプレゼントしています。(期間限定です。)

 

だいき
『Compass』により数多くの月利10〜40万円達成者を輩出しました!

 

全部無料なので、お気軽にご登録ください。

 

だいきのメール講座を無料受講する

 

マンツーマンで行うコンサルティングのご相談も、まずはメール講座かLINEに登録いただき、Compassを少しでも読んでいただいてからメッセージをください(^^)

 

↓登録はこちらからもできます↓

 

 

LINEもやってるので、メッセージなどはこちらからでもOKです。

 

 

それでは、最後まで読んでくださり誠にありがとうございました(^^)

 

また次の記事でお会いしましょう!

 

合わせて読みたい記事

コンサル生のしゅんぺーさんが輸入ビジネス開始3ヶ月で月利10万円を達成!

2019年9月4日