Amazonで商品を出品登録する方法を3分で解説します。

どうも、だいきです!

 

今回はAmazonで商品を出品する際に行う『出品登録』の方法を解説します。

 

この方法は新たに商品ページを作る『新規出品』の方法とは違い、元にある商品ページに乗っかって出品する方の登録方法です。

 

新規出品の方はまた後日解説します!

 

それでは、内容に入っていきましょう!

 

Amazon出品登録方法

 

今回はこの商品OPP袋を題材にして出品登録の方法解説します。

 

だいき
テープ付きで便利なOPP袋のやつですね!

 

商品を登録する時は商品ごとに付与されてるASINコードが必要となりますので控えておきましょう!

 

まず、Amazonセラーセントラルにログインして『カタログ』から『商品登録』をクリックします。

 

ASINを貼り付けて検索します。

 

『出品制限が適用されます』をクリックして『出品する』をクリックします。

 

POINT
『出品制限が適用されます』は常にあるので、無理に気にする必要ないです!

 

商品の登録画面になるので、詳細を表示をクリックして記入欄を広げます。

 

ここから値段などの情報を記入していきます。

 

<出品者SKU>
その商品を管理するコードです。

記入がない場合はAmazonが勝手に決めてくれますが、自分で決めた方が管理がしやすいです。

例:2019年5月10日に登録したOPP袋
→190510_OPP袋

<販売価格>
商品を販売する価格です。

<ポイント>
商品販売時に購入者に付与されるポイントです。
もちろんですが売り上げから引かれます。

<コンディション>
新品か中古かを選びます。

<セール価格〜セール終了日>
セールをする日やその時の価格を決めることができます。

 

<ギフト関係>
ギフト設定の有無をするかどうかを選べます。
自己発送の場合は可能かどうかを判断してから設定しましょう

<コンディション説明>
発送の詳細や輸入品の場合はその状態説明を書いておきましょう。

下記に例を記しておきます。

ーーーーーー

本商品はAmazon梱包にて迅速かつ年中無休でAmazon日本倉庫から発送します。
商品は検品済みの新品です。しかし稀に輸入品のため外箱等に長距離輸送に伴うヘコみや傷、スレ等がある場合があります。
万一商品不良の場合にはAmazon.co.jpの返品ポリシーに基づいて、Amazonにて返品・返金の対応をさせて頂きます。
どうぞよろしくお願いいたします。

ーーーーーー

<販売開始日>
その商品を販売開始する日を決定します。

<商品タックスコード>
商品の税率設定です。(僕はいつも空欄です。)

<支払い方法のオプション>
コンビニ決済を許可するかどうかを設定します。

<出荷作業日数>
出荷するまでの日数を記入します。
自己発送の場合は余裕を持って設定しておきましょう!

 

記入がおわったら『保存して終了』をクリックします。

 

次も『保存して次に進む』をクリックします。

 

『危険物情報を追加』をクリックします。

 

情報欄を入力し『保存』をクリックします。

 

『保存して次に進む』をクリックします。

 

ここまで終えると、『在庫を納品』のページなります。

 

商品登録まではここの時点で終了です!!

 

お疲れ様でした!

 

納品に関する方法は別記事で解説します。

 

輸入ビジネスで会社に縛られない生活を

 

僕は現在、欧米輸入、タイ輸入、韓国輸入、情報発信を事業軸として会社に縛られずに、ノマド個人事業主として生活してます。

 

おかげで毎日好きな時間に起きて、フラっと大好きな沖縄や海外旅行に出かけてます。

 

でも、僕も輸入ビジネスに出会うまではただのゆとり新卒社員でした。

 

ここまで自由人暮らせるようになった過程やノウハウは、僕が1年以上かけて作った輸入ビジネスオリジナル教材と一緒にメール講座で配信してます。

 

登録も解約も無料なので、よろしければご登録ください。

 

無料でメール講座を受ける

 

少しでもこのサイトが、あなたの自由の役に立ちますように。

 

\ 実践者からは月利10万円達成者続出中!/

 

合わせて読みたい記事

セミナー開催!~大盛況でした!(またやりたい)~

2019年2月14日

 

それでは、最後まで読んでくださり誠にありがとうございました(^^)

 

また次の記事でお会いしましょう!

 

ABOUTこの記事をかいた人

輸入ビジネスを開始して10ヵ月で脱サラしました。 現役輸入ビジネスプレーヤー兼講師です。 会社や他人に縛られずに生きるために邁進中!