Amazon管理でプライスター使ってないの?評判と機能を徹底解説!

どうも、だいきです。

 

Amazonで販売後の管理ってけっこう大変です。

 

価格の改定であったり、現在の在庫個数や在庫値段の確認であったり、物量が多くなればなるほど一人の手作業ではやってくれられなくなります。

 

ですが、それを全て自動で行なってくれるツールが存在します。

 

それが今回紹介する『プライスター』です。

 

ちなみに初月30日は無料です!

 

ユーザーはもとより、Amazonさんからも評判ばっちりなプライスターを徹底解説するので、しっかりと吟味して使うか判断しましょう!

 

プライスターとは?

 

プライスターは主に『価格改定』『簡単出品』『売り上げなど数字データの計算』を自動でしてくれるツールです。

 

他にもたくさんの機能があるので、ざっくりご紹介しておきます!

 

・自動価格改定

・簡単出品

・売上,在庫管理

・サンクスメールの自動送信

・納品代行サービス

・(在庫買取サービス)←2019年4月に終了

 

言ってしまえば、輸入ビジネスにおけるAmazon販売に必要な機能は全て揃っています。

 

在庫チェッカーなどのソフトインストール型ではなく、インターネットサーバで動くツールなので、PCを起動してなくても動いてくれます(^^)

 

だいき
アプリもあるので気軽にチェックできるのも便利です!

 

Amazonからも一押し評判!

 

Amazonと連携してるツールは無数にありますが、その中でもAmazonさんが太鼓判を押すツールは数少ないです。

 

その数少ないツールの中にこのプライスターが入ってます。

 

ここで紹介されてるツールは、機能の充実はもとよりシステムの安定性に評判が高いです。

 

だいき
動作が重くないのはツールを使う上でとっても重要ですね!

 

プライスターの好評判の機能詳細

 

プライスターで実際にできる機能の詳しい説明をしていきます。

 

価格の自動改定

 

Amazonで販売する際、FBAの最安値に合わせることはカート獲得に置いて非常に大切です。

 

しかし、毎日ライバルセラーの動向に合わせて手動で金額を合わせてたらいくら時間があっても足りません。

 

そこでプライスターの登場です!

 

プライスターではFBAの最安値に自動で合わせてくれる機能と合わせ、赤字ストッパーという価格の自動追尾最低ラインを決める機能もあります。

 

赤字になるまで市場が崩壊し始めたら、他の販路(ヤフオクなど)も考慮して販売していきましょう!

 

POINT
ライバルセラーが価格を変更してからそれを追従するまでの時間は最短2分(平均5分)です。
これは業界最速なので、評判の良さはここからも来てますね!

 

FBA最低価格より自動で下げる機能はない

 

ただしプライスターでは「自動で最低価格より〇〇円安くする」という機能はありません。

 

これはデメリットと捉える人もいますが、僕はそうは思いません。

 

なぜかというと、こういった機能があると市場の崩壊が簡単に起こってしまうからです。

 

誰かが少しでも下げたら芋づる式に値段が下がる仕組みは、市場の理想とはかけ離れてますからね。

 

POINT
最安値に設定したら「どのようにしたらこの価格は上がるか」をまず考えていきましょう!

 

簡単出品

 

プライスターを使うと、Amazonセラーセントラルを使わなくても出品作業をすることが可能です。

 

しかも便利なことに、商品登録を一括で行うことができます。

 

コンディション説明なども設定しておけば自動で入力されるので、効率化されることは間違いなしです。

 

売上,在庫管理

 

物販を行ってる以上、自分が現在いくら売り上げて、いくら分在庫があるのかは絶対に把握しておくべきです。

 

欧米輸入の場合は一発の利益も大きく、管理もAmazon販売ほど難しくありません。

 

だいき
なお、欧米輸入用の管理シートは僕がExcelで独自に作りました!
コンサル生には愛用いただいてますので、興味ある方はお問い合わせください。

 

しかし、Amazonにおけるこの作業は一人でなおかつ手動で行ってたらものすごい作業時間が必要です。

 

それをこのプライスターが自動で全部だしてくれます。

 

販売数やグラフ、経費や利益率や利益額も、必要なデータは全て任せちゃってOKです!

 

サンクスメールの自動送信

 

Amazonではセラー評価が命です。

 

これとか↓

これ↓

 

 

相乗りならセラー評価がなくとも売れていきますが、いざ悪い評価をもらった時にアカウントリスクが高まるため、できるだけ良い評価はもらっておいた方がいいです。

 

そこでプライスターの『サンクスメール』送信機能を使います。

 

これは購入者に発送後数日してから、

買ってくれてあざす!よければ評価くださいな!haha

ってのを自動で送るように設定できる機能です。

 

ちなみにこんな風に設定できます。

 

Amazonは購入者が評価する文化ってあんまないので、この機能を使って評価付けを促しましょう!

 

注意”]Amazonでは高評価を促すような表現は規約で禁止されてます。
なので文章はあくまで「あなたが思った評価」といった文脈にするといいですね![/box

 

納品代行サービス

 

FBAに納品するときは細かい作業内容などが存在します。

 

それを一個一個やってたら、いくら時間があっても足りません。

 

そう言ったときに納品を代行してくれる役割もプライスターは担ってくれます。

 

ただし、取り扱いができない商品もあるのでそれは注意が必要です。

 

下記にプライスター公式ページから抜粋した一覧を表示していおきます。

 

ちなみに僕はこの納品代行は別の会社(テラロジなど)に依頼しています。

 

参考
【テラロジ】最強アメリカ転送会社(&国内倉庫)を見つけました

 

だいき
作業手数料や使いやすさを比較して使っていきましょう!

 

プライスターの悪い評判はないの?

 

僕自身、プライスターの悪い評判というのは聞いたことがないです。

 

もちろん使っててデメリットを感じたこともありません。

 

たまに「FBA最安値より安くする機能がほしい」という人がいますが、先ほども話した通り市場の崩壊につながるので、それを導入しないプライスターは良心的だと思うくらいです。

 

プライスターの費用は?

 

プライスターは月額4,800円(2年目以降3,900円)です。

 

毎日160円の優秀な管理スタッフを雇うと思えばめっちゃコスパいいですね。

 

今なら30日間お試しキャンペーンを行ってるので、気になったら試しに使ってみるといいと思います。

 

30日以内に解約すればお金はかからないので(^^)

 

 

まとめ

・プライスターはAmazon販売に必須

・FBA最安値の自動追尾設定はまじ神

・日給160円の有能スタッフだと思うと最高

 

以上でプライスターの解説を終了します。

 

少しでも作業や管理に不満を感じてる方はぜひぜひ使った方がいいかと思いますよ!

 

 

また、僕が輸入ビジネスを開始して10ヶ月で40万円稼ぎ独立したノウハウやエピソードは、公式メール講座で無料配信しています。

 

会社に縛られたくないけど何をしたらいいかわからない人は、お気軽にご登録ください。

 

だいきの公式メール講座を読んでみる

 

今なら期間限定で、欧米輸入とタイ輸入のノウハウをまとめたオリジナル教材『Compass』も無料でお配りしてます。

 

登録も解約も無料なのでどうぞ!

 

Compass実践者からは月利10〜20万円達成者続出中です。

 

それでは、最後まで読んでくださり誠にありがとうございました(^^)

 

また次の記事でお会いしましょう!

 

合わせて読みたい記事

【韓国輸入ビジネス】副業に最適!ライバル不在の海外仕入れ旅実践記

2019年4月25日

 

ABOUTこの記事をかいた人

輸入ビジネスを開始して10ヵ月で脱サラしました。 現役輸入ビジネスプレーヤー兼講師です。 会社や他人に縛られずに生きるために邁進中!