資金力がある人の輸入ビジネス戦法

こんにちは、だいきです!

 

前回の記事で小資金でも戦える輸入ビジネスでの戦法というテーマを紹介しましたが、今回は反対に、資金がある場合はどのような戦法をとれば効率よく収益を上げれるか、をご説明します。

 

ここで資金力があるという方は、使用可能予算が25万円以上の方を指します。

 

しかし、今現在はそこまでの資金がなくても、資金が25万以上ある段階になったらこの戦法に移っても良いので、小資金の方もしっかり内容は抑えておきましょう!

 

それでは、内容の方に入っていきます!

 

資金がある人が取るべき戦法は以下の3つの戦法です!

 

・需要:供給=1:1の商品も仕入れ対象にする

・一種類の商品を3~5個仕入れ、値切り交渉は20%で行う

・即決出品してから1円オークション出品を行う

 

小資金の人が取るべき戦法では、一番大事なことは“資金回転率のスピード“ということを説明しましたが、資金にある程度余裕がある人はそこまで、資金回転率にこだわることはありません。

 

なぜなら資金に余裕がある分、長期在庫を持つことができ、その分に利益を追い求めることができるからです。

 

その前提を念頭に置いて、この記事を読み進めてくださいね(^^)

 

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう!

 

需要:供給=1:1の商品も仕入れ対象にする

需要:供給=1:1の商品とは、すでに市場が満たされいてる可能性がある商品の事です。

 

資金に余裕がなければこういった市場には参戦しない方が良いのですが、資金力がある場合は別です。

 

なぜなら、資金回転率にこだわらくて良いため、より長く市場に商品を出し続けることができるからなんですね。

 

そういった場合、時間はかかりますが、1~2か月かけて商品を売るイメージで戦略を練ります。

 

なので「時間をかけても良いから利益を得る」という考え方が資金に余裕がある人はできるため、需要量<供給量でなければ仕入れ対象として商品をリサーチしていきます。

 

ただし、この時以下のような注意点があります。

 

というように、市場の供給量に合わせて仕入れの限度に制限を設けましょう。

 

需要と供給のバランスは常に変化しているため、余裕をもって一つ多めに仕入れとくに越したことはありません。

 

注意
2か月以上の売れ残りはさすがに市場の価格も落ちることが予想されるので、市場供給量+1個の仕入れを最大量にするようにしましょう。

 

一種類の商品を3~5個仕入れ、値切り交渉は20%で行う

資金力があれば、「セラーに多量の注文⇒割引」の流れが作りやすくなります。

 

それはなぜかというと、下記の売り上げ例で説明がつきます。

単純な話ですが、一度に入ってくるお金が多いとセラーも喜びます。

 

僕は利益額よりも利益率を重視して仕入れを行うことを推奨していますが、海外セラーは数を売って利益を稼ぐ(薄利多売)セラーが多いので、合計の利益額が大きいと素直に値引き交渉に応じてます。

 

多数注文だと送料が安くなる

 

多数注文の場合、梱包をまとめてできるので、その分送料が安くなります。

 

値切りは20%

 

最初の交渉値段は定価の20%引き以上を提示しましょう。

 

20%引きだと、一発目からOKを出してくれるセラーが多いです。

 

ちなみに、あんま調子に乗った値引きを交渉すると、セラーから怒られることもあります(^^;)

 

僕は過去に

だいき
3個買うから40%引きして。

とセラーに交渉したら、

海外セラー
Are you serious?(お前まじか、、、)

と呆れられた後に、ちょっと怒られたことがあります。

 

そん時はちょっとだけ反省しました。笑

 

しかし、値切ることはタダですからね!

 

ジャンジャン交渉して、一円でも安く仕入れていきましょう!

 

参考
ebay値下げ交渉術その①『Make Offer編』

 

即決出品で出してから1円オークション出品を行う

 

おおよそ、需要量>供給量の商品の場合は、一か月たてばたいていは売れていきますが、多量の仕入れを行うと自らの手で市場を満たしてしまう時があります。

 

そういった時も2~3か月の長いスパンをかけて売れればよいのですが、市場価格は2か月以上飽和状態が続くと少しづつ下がっていくのが常です。

(もちろん、その増減に差異はありますが。)

 

そういった時に使う戦法がこの戦法です。

 

もともと需要があると見込んで商品を仕入れて出品しているので、そこにはウォッチリストの登録数が貯まっているはずです。

 

ある程度ウォッチ数が貯まっていたら、「売値相場が気づかないうちに下がっていた」なんて事態を避けるためにもこの戦法を使いましょう。

 

基準としては、ウォッチ数が15以上貯まっていたら1円出品をしても問題ないです。

 

さらにこのような時は、有料オプションを使うようにしましょう。

 

資金に余力がある場合は『注目のオークション』と『背景色』を両方一気に使うと、より落札価格は上がります。

参考
ヤフオクで高く売りたい!~注目のオークションを使った落札率UP法~

 

まとめ

・資金に余裕がある場合は「2か月程度の長期在庫」を持つように仕入れを行う

・一度に多数の発注を行い、セラーに割引をしてもらう

・ウォッチ数が15以上貯まっていたら、有料オプションを使用し1円オークション出品を行う

 

輸入ビジネスでの軍資金は多いに越したことはありませんが、持っていたとしても常に不安は付きまとうものです。

 

そういった疑問や不安があった場合はお気軽に連絡をください。

 

きっと力になれるはずです。

 

だいきをLINEに友達登録する
IDの場合【@daiki738】で検索すればでます。

 

また、ebay輸入ビジネスで独自の輸入ルートや外注戦略を築いたノウハウや、副業で月利40万円を稼ぎ、会社に縛られない人生を得るまでのエピソードはメルマガにて無料配信しています。

 

今なら2ヵ月で月利10万円を達成するためのオリジナル教材も無料配信していますので、お気軽にご登録ください。

 

↓↓↓登録はこちらからどうぞ↓↓↓

 

合わせて読みたい記事

ebay輸入で安定利益!確実に月利20万円以上を稼ぐための2ステップ

2018.04.19

 

それでは、最後まで読んでくださり誠にありがとうございました(^^)

 

また次の記事でお会いしましょう!