テラロジの登録方法を特典付きで3分で解説します

どうもこんにちは!だいきです。

 

今回はアメリカからの転送ちと国内発送代行のどちらも行ってる、テラロジという会社の登録方法を解説します。

 

テラロジのサービス内容は【テラロジ】最強アメリカ転送会社(&国内倉庫)を見つけましたにて書いてますのでご参考に!

 

やっぱアメリカからの転送を549円/kgで発送できるのは嬉しいですね。

 

ちなみにこのページのリンクから入会すると6週間無料で使えます。

 

 

それではいってみましょーー!

 

テラロジ登録方法

 

テラロジ6週間無料登録フォームからテラロジの入会ページにいき、必要事項を記入の上『会員登録する』をクリックします。

 

通常ページから行く場合はテラロジホームページの右上『会員登録』から進んでください。

 

その場合は下の様な画面になります。

 

『会員登録する』のボタンを押すと、メアドとクレカの情報を打ち込み画面になるのでそこを入力し『9,800』をクリック。

 

POINT
9,800円は無料期間が終わってから請求されます。

 

入力したアドレスにログイン情報が送付されるので、それ通りにログインします。

 

すると下記画面になるので必要事項を入力します。

 

だいき
この住所は僕の主観がふんだんに入った架空の住所です。

 

代引き入金の口座もここで登録し『確認』をクリックします。

だいき
この銀行は僕の主観がふんだんに入った架空の銀行です。

 

内容を確認し『保存』をクリックします。

 

規約同意にチェックを入れ『送信』をクリックします。

 

これで登録は完了です!!

 

アメリカからの転送から受け取り・検品・梱包・発送までを一手に行ってくれますし、ひとまず6週間無料で使えるのでお試しに少量物量で試すのがオススメです。

 

 

だいき
ちなみにこのフォームを持ってるのは現在僕だけです。
(社長と交渉しました。)

 

月額9,800円かかりますが、アメリカからの転送(アメリカ混載便)で輸送費を安く抑えられるので物量が多くなれば月額費は回収できますよ!!

 

転送会社によって送料やサービスは全然違う

 

最近アメリカ転送会社MyUSの梱包雑すぎ問題があり、トラブルが多発してました。

 

アメリカの会社だし、時差も言葉の壁もあるので何かとコミュニケーションが難しい時があるんですよね。

 

だいき
僕英語苦手だし。。。

 

そこで他にも転送サービス会社はないかと探してる時、このテラロジに出会いました。

 

アメリカ倉庫から日本倉庫までが一括で管理できる点、そしてどれだけ荷役が少なくても多くても転送料金を549円/kgで済ませるのは本当にありがたいです。

 

物販のスキームによって転送会社はどこがいいかは変わってきますが、欧米からの仕入れが多ければこのテラロジはとてもいいと思いますよ!

 

POINT
アメリカの倉庫に到着したあとに検品を通過すれば2日後には自動で発送してくれるのも大きいメリットですね!!

 

仕事は手段であり目的ではない

 

僕は会社員時代、会社から逃げ出したい一心で欧米輸入ビジネスを副業から取り組みはじめました。

 

激務だった中、ひたすら打ち込んで開始10ヶ月で月利40万円を稼ぎ脱サラできました。

 

その時すごく思ったことは『仕事は手段であり目的ではない』ということ。

 

日本では「仕事にやりがいを持つべき」みたいな風潮がありますが、僕はそうは思いません。

 

少ない時間で稼ぎ、余った時間でやりたいことをやればいいんじゃないの?ってマジで思ってます。

 

でも会社員の労働収入だけでは、少ない時間で多く稼ぐってできないんですよね。

 

じゃなきゃ、出勤中のサラリーマンの目はあんな死んだ魚のような目にはなってないはずです。

 

だからこそ、自分のビジネスを持って、労働時間を短く効率化して稼ぐ手段を身に付けるのです。

 

会社に生きる目的を搾取されないためにも。

 

輸入のノウハウを凝縮した『Compass』

 

この度、僕が行ってる欧米輸入・タイ輸入のノウハウを凝縮したコンテンツ『Compass』を1年以上かけて作りました。

 

だいき
他にも韓国輸入コンテンツの案内も載せてます!

 

これを期間限定で僕の公式メール講座受講者にお配りしています。

 

メール講座では、僕が脱サラするまでに行ったエピソードや、輸入ビジネスの最新情報を配信してます。

 

登録も解約も無料なのでお気軽にご登録ください。

 

だいきの公式メール講座に登録する

 

Compass実践者からは月利10〜20万円達成者続出中です。

 

それでは、最後まで読んでくださり誠にありがとうございました(^^)

 

また次の記事でお会いしましょう!

 

合わせて読みたい記事

【テラロジ】最強アメリカ転送会社(&国内倉庫)を見つけました

2019年5月25日