PayPalで売り手のアドレスが表示されない時の対処法『取引キャンセル編』

こんにちは!だいきです。

 

最近、ebayとPayPalが完全に別会社化されましたね。

 

ebay輸入プレイヤーにとっては「ついに来てしまったか」という感じです。

 

これによって今まで行えた、【PayPalの取引履歴から相手のメアドを得る】というやり方は難しくなりました。

 

ですが、これで直接取引による値下げ交渉ができなくなったわけではありません。

 

この記事ではPayPalの取引履歴から売り手のメアドがわからない場合の対処法を解説します!

 

PayPal画面の変更

 

今まで(2018年12月頃)まではPayPal上に『旧バージョンに移動して~』のリンクから売り手のメアドがわかるページに飛ぶことができました。

 

こんなかんじ↓

 

んで、今はこんなかんじ↓

 

だいき
メアドわからんやないかい!!

 

そう、これだとメールアドレスがわからないから値下げの交渉ができないんですよね。

 

でも安心してください。方法はまだあります。

 

セラーと取引し、それをキャンセルする

 

まず取引したい相手からなんでもいいので商品を購入し、My ebay上の商品欄からで『More actions』のタブをクリックします。

 

その中から『ask to cancel order』を選択します。

 

キャンセル画面になるので、右下の『submit』をクリックします。

 

こんな感じに表示されればOKです。

 

そこから2~5日待つ

 

cancel orderをしてから数日たつと、セラーから購入額の全額が返金されます。

 

その詳細を確認すると・・・?

 

ちゃんと明細に表示されてますね!!

 

この方法を使えば相手のメアドをゲットでき、直接取引につなげることができます(^^)

 

この方法はあくまで邪道

 

この取引キャンセルの方法は、そもそも海外のセラーには喜ばれません。

 

なってったって、最初は一方的に取引をキャンセルされるわけですから。

 

なのでこの方法を使うのなら、商品を以下の2通り購入するのがベストです。

 

・仕入れたい商品(信頼獲得用)

・セラーが売ってる商品の中で最も安い商品(キャンセル用)

 

こうすれば、例えキャンセルをしたとしてもセラーに痛手は少なく、次回からの交渉もしやすいです。

 

海外セラーも人間なので、思いやって取引ができるようになるといいですね!

 

注意
といっても、ebayアカウントができたばかりの時はこれは多用しないようにしましょう。
キャンセルをしすぎると悪質なアカウントとみなされ、アカウントが凍結される恐れがあります。

 

まとめ

・PayPalのキャンセル履歴からメアドはゲット可能

・キャンセルするなら安い商品にしよう

・アカウントできたての時はやりすぎ注意

 

なお、ブログに書いてないebayの値下げ交渉術は、僕の公式無料メール講座で配信してます。

 

メール講座ではその他に、開始10ヵ月で月利40万円を稼いだ副業輸入ビジネスのノウハウ脱サラ前後のエピソードを配信しています。

 

だいき
ちなみに今はタイ輸入も合わせ、月利60万円前後で毎日自由に過ごしつつもビジネスを育ててます。

 

会社員という生き方に疑問を持ってる方、独立や副業をしたいけど何したらいいかわからない方は気軽にどうぞ。(無料なので。)

 

だいきのメール講座を受講する

 

今なら僕が半年かけて作成した”開始2か月で月利10万円を達成”するための輸入ビジネスオリジナル教材も登録者限定でプレゼント中です。

 

 

登録も解約も無料ですし、このメール講座を通して利10万円達成者が続出中です。

 

↓↓メール講座はこちらからもできます↓↓

 

合わせて読みたい記事

会社を辞めて1年が経ちました~現状と変化~

2019年1月31日

 

それでは、最後まで読んでくださり誠にありがとうございました(^^)

 

また次の記事でお会いしましょう!

 

ABOUTこの記事をかいた人

輸入ビジネスを開始して10ヵ月で脱サラしました。 現役輸入ビジネスプレーヤー兼講師です。 会社や他人に縛られずに生きるために邁進中!