ebay輸入者必見!May not ship to Japanを日本へ配送してもらう方法

こんにちは、だいきです!

 

ebay輸入をやっていると、

すごく安く出品されているのに、May not ship to Japanって書いてある。。。

なんて状況によく出くわします。

 

この『May not ship to Japan』は『日本に送れないかもしれないよー』って意味ですが、あくまで“かもしれない”ということなので、場合によっては日本に送ってくれるパターンも考えられます。

 

しかし、この言葉があった場合何もせずにその商品を見送ってしまうebay輸入プレイヤーが多いです。

 

送ってくれるように交渉することははタダですし、決裂しても損はしません。

 

なので今回は、『May not ship to Japan』と表記の商品を仕入れたい時の交渉方法を紹介します。

 

それでは、内容の方に入っていきましょう!

 

May not ship to Japan表記の商品

 

『May not ship to Japan』表記の商品はその商品ページに行かずとも、検索ページの時点で以下のように『Shipping not specified』(配送指定されていません)という表記が出ています。

 

これは、海外セラーがあらかじめ設定している配送可能国に日本を含めていないことが原因です。

 

そういった場合、商品ページは以下のような二パターンの記載が表示されます。

 

<『May not ship to Japan』という表記>

 

この場合のセラーは

海外セラー
多分日本には発送しないけど、まぁ興味あったら連絡して

というスタンスです。

<『Will ship to Japan』という表記>

 

これは、

海外セラー
日本発送できるかもしれないから連絡してね

というスタンス。

(今時の大学生風に言うと「ワンチャンあるで」てきなニュアンスですかね。笑)

 

この表記、上記のような二つで分けられていますが、結局同じ交渉方法で構いません。

 

交渉方法

まず、さきほどの画面上の『contact seller』(セラーに質問する)をクリックします。

 

そうすると、質問項目を選択する画面になるので、『Other』(その他)を選択し、『Contact the seller』(セラーに質問する)をクリックします。

 

次に、質問のタイトルと内容を入力する画面になるので、以下のような文章を相手に送りましょう。(コピペOKです!)

<タイトル>
I want your items

<内容>
Dear sir or madamm
I’m a Japanese buyer.
My name is 〇〇.

Actually I want this item. Can you send it to Japan?
If you can send it, also tell me the shipping fee

Best regards.

〇〇

 

日本語訳

<タイトル>
あなたの商品が欲しいです。

<内容>
海外セラーさんへ
どうもこんにちは、日本で販売業をやってる 〇〇というものです。

実は私、あなたの商品を購入したいと考えているのですが、日本に送っていただくことは可能ですか?
もしできるのならば、送料も教えていただきたく。

よろしくお願いいたします。
〇〇

ってな感じでOKです。

実際打つとこんな感じ↓

 

この後は、スパム防止用の数字を打ち込み、『Send』(送付する)をクリックして完了です。

 

 

僕の感覚ですと、日本配送に対応してくれるセラーは返信が早く、たいていの場合24時間以内に返事が来ます。

 

逆に、日本配送を断るセラーは返事をするにしても遅いです。

 

なので、質問をしてからの時間はあまりその商品に気持ちは割かずに、他の商品リサーチに徹してくださいね(^^)

 

転送会社を使って日本に送ってしてしまおう

 

アメリカやヨーロッパの商品は、日本へ送ってくれないセラーが多かったり、送ってくれても送料がかなり高くつく場合があります。

 

そう言った場合はアメリカの転送会社をを使いましょう。

 

代表的なのはMyUSですが、僕はMyUSは全く使わず日本の会社であるテラロジを使ってます。

 

参考
【テラロジ】最強アメリカ転送会社(&国内倉庫)を見つけました

 

テラロジは日本の会社で日本語でももばっちり対応してくれ、何より転送量が破格級の安さです。

 

だいき
どんなに物量が少なくても1Kg=549円で送ってくれます。

 

テラロジはアメリカではオレゴン州、国内では茨城県に倉庫を管理しています。

 

アメリカ転送をした商品は自動で茨城県の倉庫に入庫し、そこで検品、保管、発送まで行ってくれます。

 

だいき
しかも転送も綺麗だし、検品もばっちりです!

 

最近MyUSの値上げや梱包がすっっごく雑な問題に悩まされていたので、このテラロジさんのおかげですごく助かってます。

 

トラブルも全然なく、自動で国内まで運んでくれるので超ラクです。

 

詳しいテラロジの説明は下記に書いてあり、リンクから登録すると6週間無料で利用できます。

 

参考
【テラロジ】最強アメリカ転送会社(&国内倉庫)を見つけました

 

 

お気軽に使ってみてください(^^)

 

 

まとめ

・May not ship to Japanは交渉で配送してもらえる

・交渉文は、上にある文章コピペでOK!

・アメリカの商品はテラロジで日本に送ろう

 

また、僕が会社員生活に絶望し、ゼロから副業で輸入ビジネスを始めて月に40万円を稼ぎ脱サラするまでの軌跡は、公式メール講座で無料で配信してます。

 

→メール講座登録はこちら

 

メール講座登録者には期間限定で僕が1年以上かけて作成した輸入ビジネスマニュアル『Compass』を特典としてお配りしてます。

 

登録も解約も無料なのでお気軽にご登録ください(^^)

 

だいきの公式メール講座に登録する

 

Compass実践者からは月利10〜20万円達成者続出中です。

 

それでは、最後まで読んでくださり誠にありがとうございました(^^)

 

また次の記事でお会いしましょう!

 

合わせて読みたい記事

会社を辞めて1年が経ちました~現状と変化~

2019年1月31日