成長曲線を意識しないとビジネスは成功しない話

どうも、だいきです。

 

今回はビジネス(ネットビジネス)における成長曲線の話をします。

 

というのも、ネットビジネスで成功しない9割くらいが、この成長曲線を意識してないんですね。

 

だいき
僕もビジネス開始初期はこれを意識せず、何度も心が折れそうになりました。

 

ですがこの考えを知っておくと、モチベーションの維持から結果の出る時期など、あらゆる目標設定に応用できます。

 

ぜひぜひ、今回の内容を抑えてビジネスに取り組んでいってくださいね!

 

ビジネスの成長曲線

上記のグラフは、ビジネスをする上での理想と現実を表したグラフです。

 

これからビジネス頑張ろう!って思ってる人の多くは、無意識に上手く行く場合を元に収益を予想します。

 

なので、収入は右肩上がりを想像するはずです。

 

よくビジネスを開始した当初なんかは「1年後、月収100万稼いでやる!」みたいな人がいますが、そういったほとんどの人が理想の青い線を想像してるはずです。

 

だいたいこんな風に↓

ビジネス開始で1ヶ月後は10万円

3ヶ月後には30万円

10ヶ月後には100万円!?

うおおお、やってやるーーー!

(みたいな)

 

ですが、現実はそう上手くいきません。

 

ビジネスの成果は努力と完全比例するわけではないからです。

 

ネットビジネス界隈を見てると「3ヶ月で月収100万円!」みたいなのいっぱいでてきますが、ほとんどの人はそうはいかないはず。

 

だいき
僕だって、めーーっちゃ頑張ってやっと2ヶ月目で月利10万でした。当時の時給を換算したらマックのバイト以下だと思います。

 

まぁでもそれは当たり前で、現実の黄色いラインを見るとよくわかります。

 

現実の成長ラインを正しく認識する

現実の成長ラインでは一定期間低空飛行してる時間があります。

 

これは特に、ビジネス初心者だと長いです。

 

んで、この時期にビジネスやめてしまう人が多いんですよね。

 

なぜなら、不安だから。

 

理想と現実のギャップから不安が生じて、結果として、

 

ビジネス稼げねぇじゃん。やーめた。haha

 

ってなっちゃう方が多い多い。

 

そしてこの時期に一番NGなのは、

 

あっちの別のビジネスの方が簡単で儲かりそう!あっちのビジネスやるぜ!haha

 

という芝生跨ぎです。

 

辛い時ほど隣の芝生は青く見えるものです。

 

中途半端な努力しかできない人間は、どんなフィールドでも結果は出せません。

 

逆に一つのフィールドで結果を出せたら、どのフィールドでも結果は出せます。

 

だいき
そうなるために、この成長曲線を意識して行動するようにしてみましょう!

 

なぜ低空飛行状態が続くのか

ここでなぜ、低空飛行状態が続くのかをビジネス初心者で例をとって考えてみます。

 

まず、ビジネス初心者の方は、明らかにインプット量と基本的なスキルがありません。

 

ビジネスをするならまず、基本状態の整備が必要です。

 

どんなに始めやすいビジネスと言われる輸入ビジネスでも、

 

・PCの初期設定

・ヤフオクやAmazon、ebayなど各種登録サイトのセットアップ

・リサーチをどうやってやるのかの学習

・海外仕入れの順序の確認&実践

 

など、慣れてしまえば目をつぶっててもできる作業が、初期には大きな作業量としてのしかかってきます。

 

下手したら、これらの確認だけで1ヶ月経ってたなんてこともあるかもです。

 

そこでギャップに気づきます。

 

あれ?本来この時点で10万円くらい稼げてるんじゃ??haha…ha?.

 

みたいなかんじに。

 

ですが、まぁ当たり前なんですよね。

 

これらの準備期間、そしてインプットの期間は売り上げは立つわけないんです。

 

YouTubeのテニスの動画を見てるだけの人が、実際にテニスの上達がしないのと一緒です。

 

まずラケットを握り、ボールを打つというアウトプットがないと始まりませんからね。

 

そこでその作業に慣れて、ようやく人とラリーができるようになってからがスタートラインです。

 

ビジネスも全く一緒です。

 

『インプット→アウトプット→何回もやって慣れる』に時間を要するから、初期は低空飛行が続くのです。

 

 

低空飛行を抜け出すには

 

低空飛行の状態は誰にでもきますが、その長さは個人差があります。

 

POINT
センスや才能ですぐ突破する人がいますが、そんな人は稀です。自分はそうじゃないという認識から入りましょう

 

 

僕が思う一番の突破の理由は『圧倒的作業量』です。

 

ぶっちゃけこれに勝るものはないし、初心者であればあるほどこれに執着した方がいいと思ってます。

 

僕は副業時代から輸入ビジネスを行ってますが、

 

副業時代の僕
メンターに出した商品添削またNGだった。おれセンスなさすぎワロタ。。。

 

って何回落ち込んだかわかりません。

 

なのでその分、めちゃくちゃ量をこなしました。

 

だいき
「寝ずに」とまではいきませんが、それこそほとんど寝ないで副業して会社に行った日もあるくらいです。

 

だからこそ10ヶ月で脱サラして自由な生活をすることができてます。

 

ここで言いたいのは「おれすげぇだろ」とかそんなんじゃなくて、「努力の基準をあげよう」ということ。

 

いい意味で自分に期待をせず、淡々と作業を行うのです。

 

期待は挫折を生むので、3ヶ月で結果が出るのはラッキーくらいに考えてた方がいいと思います。

 

本気で人生変えたいんでしょ??

 

だいたい3ヶ月もしないうちにほとんどの人がビジネスをやめます。

 

人生変えてやるぜ!って意気込んでたはずなのに、3ヶ月も経たずに努力を放棄する人が、これから成功するとは思えませんよね。

 

ですが、一つでも自分のビジネスを形にできれば人生は大きく変わります。

 

会社に行かなくてもいいし、行ってもいい。

値札を見ずに買い物ができる。

平日休日関係なく海外旅行ができる。

家族や恋人との時間が増える。

 

などなど、できなかったことができるようになるはずです。

 

今後何十年もずーーっとできなかったことが、1年くらい本気頑張ればできるようになるのがネットビジネスです。

 

なので成長曲線と本気の作業を、これからは意識してみてください。

 

成功にきっと近くはずですから(^^)

 

僕も努力を放棄したことはあります。笑

 

ここまでビジネスの成長曲線と努力の話をしてきました。

 

心にグサっと刺さった人もいるかもしれません。

 

ですが、それはそれです。これから頑張れるかはまた別問題です。

 

恥ずかしい話、僕だって輸入ビジネスを始める前にアフィリエイトの教材を7万円くらいで買って、目次を見て2秒でやめた経験があります。

 

だいき
その時の僕は、はっきり言ってう◯こ中のう◯こでした。。。苦笑

 

そんな僕でも成長曲線と作業量を意識して、かなり自由度の高い生活を手にできました。

 

だいき
会社員時代の僕は『目覚まし時計のいらない生活』なんて夢のまた夢でしたからね。

 

夢のまた夢みたいな生活を、10ヶ月間の輸入ビジネスとブログ発信で手に入れることができたのです。

 

大丈夫です、必ずできるようになります。

 

そのためには「時間がない」とか自分に言い訳せず、日々淡々とできることをこなしていきましょう。

 

僕はいつでも応援しています(^^)

 

複数の収入源は当たり前の時代

コロナウイルスの影響で経済が不安定になってる今、本当に会社だけに収入源を依存してるのは危険だとわかったはずです。

 

今は明らかな時代の変革期なのに、旧態依然の日本の働き方をし続けるのは明らかに勿体無いです。

 

何も知らずに何も実行しなければ、会社や国にどんどん時間とお金を搾取されます。

 

ネットビジネスを最低3ヶ月、そして1年頑張れば、見える世界は激変します。

 

お金を稼ぐことを目的とせず、本当に手に入れたい理想を目標にビジネスを頑張ってみてください。

 

一度きりの人生ですからね。

 

人生の舵切りを自分でできるくらいのスキルを身につけていきましょう。

 

【無料】だいきオリジナル輸入ビジネス教材『Compass』

 

僕のノウハウとか経験を凝縮したオリジナル輸入ビジネス教材『Compass』を2年半近くかけて作成しました。

 

初心者でもわかりやすく取り組めるように、順序に沿ってステップごとに解説してます。

 

本当は有料もんですが、僕の公式メール講座受講者の方には期間限定でプレゼント中です。(無料です。)

 

 

公式メール講座では、だいきの脱サラまでのエピソードや輸入ビジネスで成果をあげるための最新情報などを配信してます。

 

全部無料なので、お気軽にご登録ください。

 

だいきのメール講座を読んでみる

 

マンツーマンで行うコンサルティングのご相談も、まずはメール講座かLINEに登録いただき、Compassを少しでも読んでいただいてからメッセージをください(^^)

 

↓登録はこちらからもできます↓

 

 

LINEもやってるので、メッセージなどはこちらからでもOKです。

 

 

それでは、最後まで読んでくださり誠にありがとうございました(^^)

 

また次の記事でお会いしましょう!

 

合わせて読みたい記事

会社に依存しない生き方のために僕がしたたった1つのこと

2020年2月19日