個人輸入で関税ってどう払うの?関税と輸入消費税の支払い方法を徹底解説

どうも、だいきです。

 

今回は関税と輸入消費税の支払いをどうやって行うかを僕の経験も交えて説明します。

 

関税と輸入消費税がどういったもので、税額はどう計算されているかは個人輸入時にかかる税金!関税と消費税について徹底解説を参考ください。

 

それでは、内容に入っていきます。

 

関税の支払い方法は3つ

 

関税の支払い方法には主に下記の3つの支払い方法があります。

 

・商品到着時に現金払い

・請求書が届いた後銀行振り込み

・クレジットカード払い

 

一つずつ詳しく解説していきます。

 

商品到着時に現金払い

 

輸入した商品が届いた際に、配達員の方に関税と輸入消費税を直接支払う方法です。

 

もちろん現金手渡しなので、ここでクレジットカード支払いはできません。

 

商品点数や単価が上がってくるとそれに比例して支払う金額もあがってきますし、外注先の受け取り倉庫が現金立て替えに対応していない場合もあるので注意が必要です。

 

なお、僕が商品の受け取り~発送までの代行をお願いしてるオープンロジという会社は関税と輸入消費税の建て替えサービスを以下の手数料で行っています。

 

参考⇒発送作業がめんどいあなたへ!輸入ビジネスの検品・梱包・発送はオープンロジで外注しよう

 

注意
2万円の税額を超える時は予めオープンロジにその旨を連絡しておかないといけません。
必要な情報は入庫IDと可能であればトラッキング番号で、連絡がないと受け取りを拒否されてしまう場合があります。

 

請求書が届いた後銀行振り込み

 

日本郵便が配達を行うEMSの場合、税額が30万円を超えると国際郵便物課税通知書が自分の住所に届き、そこに記載された金額を銀行窓口か郵便局の貯金窓口で納付します。

 

基本的にこの場合、金額を納付するまで商品は受け取れません。

 

逆に、他の配達業者の場合(DHLやFeDEXなど)は代理事務所が立て替えた際の請求書が送られてきてますが、その時は商品を受け取った後の後払いになります。

 

クレジットカード払い

 

僕が関税を払う際に一番多く利用しているのがこのクレジットカード払いで、最もおススメする方法です。

 

クレジットカード払いはDHLかFeDEXで送った場合のみでしか対応していませんが、クレジットカード払いにより支払い日を遅らせることができ、なおかつ手元に現金を置いておく必要がありません。

 

ポイントまで貯まるし一石三鳥です!

 

注意
クレカで支払う場合はDHLもFeDEXもその都度電話でクレカでの支払い希望を伝えないといけません。
商品のトラッキング番号と支払うクレジットカードの16桁の番号を手元に用意し、カスタマーサポートに電話しましょう。

 

関税と輸入消費税はよく免税されてる

 

個人輸入時にかかる税金!関税と消費税について徹底解説でも書きましたが、個人輸入をしているとけっこう関税と輸入消費税が免除されてる場合があります。

 

後に請求書も届かないことから支払い義務は一切ありませんし、基本的に通関を通ってしまえば、後から関税などを追加徴収はされませんからね。

 

だいき
通関業務って意外とユルいんかな…?

って思ってしまう今日この頃。

 

ただしUSAの転送会社であるMyUSを使って日本に輸入した時は必ず関税と輸入消費税は発生します。

 

しかも個人輸入ではなく商用輸入扱いなので、かかる税額があがりますのでご注意を!

 

僕はいつもDHLでクレカ払いです

 

僕の経験上、多額の関税と輸入消費税を支払う時はMyUSから大量の商品がオープンロジに届く時だけなので、月に数回DHLのカスタマーサポートに電話して、クレカで支払いをしています。

 

もちろん対応は日本人による日本語で対応してくれますし、早めにトラッキング番号とクレカ番号を伝えておけば外注先のオープンロジとトラブルにもなりません。

 

他の運送会社の場合、滅多に税額2万円をこえないのでオープンロジさんの建て替えサービスを使っています。

 

やっかいな関税と輸入消費税ですが、支払い義務が生じた場合はしょうがないのでおとなしく支払っておきましょう!

 

まとめ

・関税と輸入消費税はまとめてクレカ支払いがおススメ

・クレカ払いはDHLかFeDEXでしかできない

・個人輸入の商品は免税されてるパターンがほとんど

 

なお、僕がebay輸入で開始10か月で月利40万円稼ぎ会社に縛られない自由な生活を手にするまでのノウハウ・エピソードは僕の公式メルマガで無料配信しています。

 

今なら2ヵ月で月利10万円を達成するためのオリジナル教材も無料配布していますので、お気軽にご登録ください。

 

だいきのメルマガに登録する

 

合わせて読みたい記事

個人輸入時にかかる税金!関税と消費税について徹底解説

2017.07.31

 

↓↓メルマガ登録はこちらからもできます↓↓

 

それでは、最後まで読んでくださり誠にありがとうございました(^^)

 

また次の記事でお会いしましょう!