【ヤフオク!】商品詳細欄で購買意欲を上げる3つのポイント

 

こんにちは、だいきです!

 

以前、【ヤフオク!】商品をより高値で売る5つのポイントでも書かせていただいたのですが、ヤフオクの商品ページ欄というのは、商品の落札率を上げる重要な要素になっています。

 

そして、これから説明する“商品詳細欄”とは、その商品ページ欄の核となる部分です。

 

この欄で、如何にお客さんの気を惹けるかが勝負になってきます。

 

ではどのようなポイントを意識して商品ページを作成していくか。

 

それは以下の三点です。

 

・商品説明の丁寧さ

・買手が喜ぶワード

・客観的数字や基準を載せた具体的説明

 

この三点の内容をしっかりと抑えて、落札率UP&高額落札を狙っていきましょう!!

 

それでは、一つずつ詳しく見ていきます。

 

商品説明の丁寧さ

 

これは、商品のみならず、そのセラー本人のイメージにつながるポイントです。

 

あなたも、どんなに商品が欲しくても、愛想が悪かったり、商品の説明を全然してくれないお店だったら買うのを躊躇ってしまいませんか?

 

それと同じ原理です。

 

商品ページに丁寧さを出すためには下記の2点が大事になってきます

 

・出品テンプレートを使う

・内容物を確実に明記する

 

 

出品テンプレートを使う

 

こちらは、出品ページ自体の印象をガラッと変えることができるツールです。

 

様々な種類がありますが、僕は『オークファン』というサイトの出品テンプレートをおススメしてます。

 

これならば、商品リサーチと出品テンプレートの作成を一つのサイトでできるのでとても便利ですよ(^^)

 

ちなみに、どのくらい印象が変わるかというと・・・

 

<↓出品テンプレートなし↓>

 

<↓出品テンプレートあり↓>

 

 

ずいぶん変わってきますよね。

 

オークファンであれば、この出品テンプレートが簡単に作れます。

 

詳しくは『オークファン出品テンプレートの効果的な使い方』にてご紹介しているので、ぜひとも参考にしてください。

 

 

内容物を確実に明記する

 

商品を購入する人は、その内容物がどういったものなのかというのをとっても気にしています。

 

「新品だが箱はあるのか」

「コンセントは日本のプラグ仕様か」

「希少品なら、それを証明する証書はついているのか」…etc

 

などと、その商品についての気にする事項というのがたくさん存在するわけです。

 

そういった内容の商品で曖昧な表現があったり、内容が欠けてたりすると、買手が購入を渋ってしまいます。

 

もちろん、ヤフオクの質問欄から内容の確認の質問が来ることもありますが、それと同割合くらいに、「内容が不明確なため別のセラーの商品を買う」という買手がいるのも事実です。

 

そういった人たちを逃さないためにも、内容物は確実に明記しておきましょう。

 

以上の二点で、商品および自分の丁寧さに関しては問題ありません。

 

なお、冒頭で「ご閲覧いただきありがとうございます」と一言添えるのも一種丁寧さのアピールになります。

 

 

この一言で「この人しっかりしてそう」と思ってくれることが多いので、入れとくことをおススメします(^^)

 

買手が喜ぶワード

 

これは、いわば商品を売る際のセールスポイントです。

 

個人差が出るとこですが、多いければ多いほど良いです。

 

良い例を取ると、以下のような書き方ですね。

 

 

これを見ると、

『設定・操作が簡単なこと』

『映像がクリアで、ノイズなども入らないこと』

などがセールスポイントとして明記されてます。

 

他にも、「最新版」他製品と比べて○○が違う」なども、良いアピールポイントなりますので、積極的に入れていきましょう。

 

そうすれば、押しに押された人が購入してくれる確率がぐっと高くなります。

 

客観的数字や基準を載せた具体的説明

 

個人間で行われるヤフオクの取引で重要なのは、“商品認識の共有”です。

 

服一着購入するにしても、

 

Aさん:「大きめサイズで、若干汚れがありますけど、ほとんど気になりません」

Bさん:「サイズはメンズのLサイズで、身長180センチの僕が着ててちょうどいいくらいです。汚れは、袖に1センチほどのシミがありますが、手首の内側なのでほとんど気にならないと思います!」

 

どうでしょう。

あなたはどちらから商品を購入したいですか?

 

ちなみに僕はAさんからは購入したいと思いません。。。絶対にBさんを選びます。

 

同じ商品を説明するにしても、説明欄でこのように差がつきます。

 

正確に商品の特徴について理解していただかないと、返品などの対応をしなければなりませんので、ここでしっかりと説明しておきましょう。

 

なお、商品状態(中古品の状態説明)の説明をするときは以下のようなフレーズを使うと便利です。

 

 

あくまで主観の判断ですが、このようにランク付けをすることで買手は、

「多少使い込まれてるから上から4番目の状態ランクなんだな」

と認識してくれます。

 

だいき
丁寧さもアピールできるため、一石二鳥のフレーズです!

 

まとめ

・商品詳細ページの丁寧さは“出品テンプレートの駆使”と“内容物の確実な明記”で出すべし

・買手が喜ぶワードは多ければ多いほど良い

・客観的数字や基準を設けて、買手と情報認識を共有しよう

 

なお、ブログで書いてないヤフオク販売で利益を上げるノウハウや、僕がebay輸入ビジネスで脱サラするまでのエピソード・ノウハウは僕の公式メルマガで無料配信しています。

 

今なら2ヵ月で月利10万円を達成するためのオリジナル教材も無料配布していますので、お気軽にご登録ください。

 

だいきのメルマガに登録する

 

合わせて読みたい記事

副業なら輸入ビジネス!メリットとデメリットを比較してみた

2017.08.24

 

↓↓メルマガ登録はこちらからもできます↓↓

 

それでは、最後まで読んでくださり誠にありがとうございました(^^)

 

また次の記事でお会いしましょう!