ヤフオクで高値で売れる商品タイトルのつけ方

こんにちは、だいきです!

 

今回は、ヤフオクで高値で売れる商品タイトルのつけ方についてご紹介していきたいと思います。

 

以前、ヤフオクでより商品を高値で売る方法を紹介した際にもお話させていただきましたが、商品タイトルはヤフオク販売においてとても重要な鍵になります。

 

それではさっそく内容の方に入っていきます!

 

ヤフオク!での商品タイトルの重要性

 

ヤフオク!はご存知の通りネットショッピングなので、こちらからの営業トークは行えません。

 

つまり、ユーザーからまずは商品ページに来ていただかないと、こちらの商品力はアピールできないわけです。

 

ですので僕は商品タイトルのことを“ヤフオク検索の最初のふるい”といっています。

 

では、どのようにしたらユーザーの気を引けて、ふるいを生き残っていけるか。

 

そのポイントは、以下の二つです。

・より直感的注意を引くこと(⇒右脳に訴える)

・端的に内容を伝えること(⇒左脳に訴える)

 

「は?いきなり右脳とか左脳とかなんだよ」
とか思わないでくださいね。笑

 

実は人間というのは、何か物を購入する時、無意識に右脳(直感的分野)を最初に使っているんです。

 

これはつまり、言語的情報よりもまず、視覚的情報をもとに商品の取捨選択を行っているというわけなんです。

 

ここからはわかりやすいように、例をとってみてみましょう。

 

商品タイトルで右脳と左脳に訴えよう

 

最初に言っておきますが、僕は脳みそ大好き人間とかではありません。笑

 

ただ、言語を司る左脳と、直観や五感を司る右脳、このどちらもに訴えられると、人は無意識にそのものに興味を持つ、ということを伝えたいだけです。

 

では実際に例を「ラコステ スニーカー」としてみてみましょう!

 

さっそく検索し、以下の二つの例をピックアップしてみました。

 

まず先に、悪い商品タイトル例をご紹介します。

 

<悪い商品タイトル例>

 

 

この商品のタイトルを見て、皆さんは何を思いましたか?

「超軽いことしかわからねえ」ってのが正直な感想ですよね。

 

これでは“超軽いラコステのスニーカーを求めている人”しかこの商品ページにとんできませんので、効果的な商品タイトルとは言えないでしょう。

 

反対に、良い例を見てみます。

 

<良い商品タイトル例>

 

ここで注目すべき点は、『海外限定★新品★』と記載されている点です。

 

こういった★マークなどをアクセントとすることで、無意識に人間はその部分を注視します。

 

さらに、『海外限定』『新品』などの嬉しい情報を先に持ってくることによって、ユーザーの興味をさらに湧かせます。

 

これが“右脳に訴える”ということです。

 

そして最後に、この商品の説明を端的に示しています。

 

これが“左脳に訴える”ということです。

 

ここでは、例にある『クロコダイル型押し』のような詳細な情報を載せることを意識した方が良いでしょう。

(ちなみにヤフオクの商品タイトルは65字まで記載できます。←めっちゃ書ける!)

 

 

POINT
詳細な情報が浮かばない場合は、その商品の公式ホームページなどに行き、重要そうなキーワードを引っ張ってくるのも一種の戦略ですよ(^^)

 

ここまで、二つの例をとって見てきました。

 

同じ価格帯の商品でも、商品タイトルのつけ方によって興味の湧き方が全然違いますよね?(^^)

 

人はこの左脳と右脳の訴えを、ものすごい速さで処理して、「これは欲しいかなー、欲しくないかなー」と判断します。

 

無意識のうちに興味を持たせるためには、左脳と右脳のどちらの脳にも訴えかけることがとても効果的です。

 

みなさんも、このことを意識してより効果的な商品タイトルをつけていきましょう!

 

まとめ

 

・タイトルの最初に記号と嬉しい情報を入れて右脳に訴える

・セールスポイントと詳細な情報で左脳に訴える

・↑↑無意識に注目されるタイトルでライバルに差をつけよう!!

 

なお、ブログで書いてないヤフオク販売で利益を上げるノウハウや、僕がebay輸入ビジネスで脱サラするまでのエピソード・ノウハウは僕の公式メルマガで無料配信しています。

 

今なら2ヵ月で月利10万円を達成するためのオリジナル教材も無料配布していますので、お気軽にご登録ください。

 

だいきのメルマガに登録する

 

合わせて読みたい記事

【ヤフオク!】商品詳細欄で購買意欲を上げる3つのポイント

2017.10.31

 

↓↓メルマガ登録はこちらからもできます↓↓

 

それでは、最後まで読んでくださり誠にありがとうございました(^^)

 

また次の記事でお会いしましょう!