ヤフオク!1円スタート出品で利益を確実にゲットする方法を解説

 

どうも、安室奈美恵LOVEノマドのだいきです。

 

ヤフオク販売をやっていると、

 

あなた1
ウォッチはあるのに、なかなか売れねえ。。。

 

って商品ありませんか?

 

例えばこんなかんじ↓↓

 

ebay輸入ビジネスは商品の回転率が成功する大きな要因になるので、利益を付けて売れるなら早いとこ商品を現金化した方が良いです。

 

なのでそんな時はヤフオクならではのサービス”1円スタート出品”の機能を使いましょう。

 

ヤフオク1円スタートとは

 

ヤフオクの1円スタートとは市場で最も安い価格から出品して、落札者に「やっす!これなら入札しようかな!」と感じてもらうことで、無料で注目を集める手法のことです。

 

これによってアクセスやウォッチがあつまれば、ヤフオクの『おすすめ順』でソートした時も上位に表示され、より多くの購入者の目にとまる効果が得られます。

 

社会的証明の原理を上手く使う

 

1円からスタートすることによって、ヤフオクユーザーはより安く買うために入札を刻みながら行います。

 

そうすると、一つに商品に対して入札数がとっても多くなります。

 

(こんなかんじ↓)

 

この時ヤフオクを見てる人には『社会的証明の原理』という心理効果が働きます。

 

社会的証明の原理とは多くの人が選んだものを無意識のうちに”優れているもの”と判断する心理効果です。

 

行列のできてるラーメン屋さんを見た時の、

 

だいき
ここはすごい行列だから美味しいんだろうな~。

 

と思う効果と一緒ですね。

 

この心理効果によって、「同じ価格の商品より入札が多い商品の方が優れてる」と思って自然と価格が伸びることがよく起こります。

 

1円スタートはウォッチがついてからがベスト

 

1円スタートをする商品は、なにも最初から行う方がいいとは限りません。

 

だいたいウォッチ数が10以上ついた段階で出品を取り消しし、再度価格を設定し直して出品するのが良いでしょう。

 

(取り消しから出品の方法はこの記事の最後にあります。)

 

その際、出品期間は可能な限り長くしてください。

 

できれば月曜~日曜の7日間ヤフオクに出品し、終了時刻は日曜(もしくは土曜)の夜10時台にしましょう。

 

参考⇒ヤフオク!相場より高値で売りたい時は終了日時にこだわろう

 

 

損を防ぐためにも最低落札価格を設定する

 

高額な商品や、あまりにも安い値段で落札されないか不安な方は有料オプションの『最低落札価格』を設定しましょう。

最低落札価格は一件108円で設定でき、僕も良く設定しています。

 

 

出品取り消し~1円スタートまでを実際にやってみよう

 

1円スタートしたい商品を例にとり画像付きで解説します。

 

まず、1円出品したい商品の商品ページにの『オーションの取り消し』をクリックします。

 

注意
この作業は入札が入っていないことが前提です。
もし入札が入っていた場合は手数料540円が発生してしまうのでご注意ください。

 

次に『取り消す』をクリック。

 

出品が取り消されるので、『再出品』をクリック。

 

だいき
ウォッチ数は引き継がれるのでご安心を!

 

商品ページの販売形式と価格設定を変更します。

 

オーションの終了日時を日曜の夜10時にを変更します。

 

最低落札価格をかけたい場合は最低落札価格をオプションで付けます。

 

入力が終わったら『確認画面へ』をクリックし、『ガイドライン~出品する』をクリック。

 

これで下記の手続き完了の画面が出てきたらOKです!

 

人気商品ですと1時間以内に初回入札が入ります。

 

商品の回転率を上げるためにも、定期的にウォッチ数チェックと1円出品を行っていきましょう!

 

まとめ

・1円スタートは商品回転率を上げるのに最適

・行列のできてるラーメン屋みたく注目を集めよう

・終了日時は日曜の夜10時を忘れないように

 

なお、ブログで書いてないヤフオク販売で利益を上げるノウハウや、僕がebay輸入ビジネスで脱サラするまでのエピソード・ノウハウは僕の公式メルマガで無料配信しています。

 

今なら2ヵ月で月利10万円を達成するためのオリジナル教材も無料配布していますので、お気軽にご登録ください。

 

だいきのメルマガに登録する

 

合わせて読みたい記事

【ヤフオク!】商品詳細欄で購買意欲を上げる3つのポイント

2017.10.31

 

↓↓メルマガ登録はこちらからもできます↓↓

 

それでは、最後まで読んでくださり誠にありがとうございました(^^)

 

また次の記事でお会いしましょう!