【ビジネスで成功】プロ意識が重要な4つの理由

こんにちは、だいきです!

 

あなたは自分のビジネスを行う上で、“プロ意識”を持って普段から取り組んでいますか?

 

輸入ビジネスをはじめとしたネットビジネスでもなんでも、“ビジネス”という単語が付く限りそこにはお金の流れが生まれますので、インターネットの奥には最終的にお客さんという人が存在します。

 

ビジネスで成功するためには、このお金の流れの中に、つまりは仕事の中に、“プロ意識”を持っていないといけません。

 

そもそも“プロ意識”ってなんぞ?

 

“プロ意識”とは、その分野に関しての専門性が高い人が、仕事の責務を全うし、自己成長することを指します。

 

このプロ意識が無かったり薄かったりすると、自身の成長もできず、仕事の細部にほころびもしょうじてしまい、市場からの信頼を失い自分のビジネスを辞めてしまう人も数多く存在しています。

 

だからこそ、“プロ意識”というのは、絶対に持っておくべきものなのです。

では、具体的にプロ意識を持つことで、どういったことが変わるのかを、以下の4つの理由に分けて説明をさせていただきます。

 

・事業に打ち込む本気度が上がる

・お客さんの信頼を確保し、さらなる利益にできる

・充実感が生まれる

・効率が上がる

 

それでは、1つずつ見ていきましょう!

 

事業に打ち込む本気度が上がる

 

ビジネス(特に副業)では、「如何に本気になれるか」が収益の増加に大きく関わってきますが、逆に本気にならなかったら、収益は思ったように上がりません。

 

特にビジネス開始初期などは、そのビジネスに自分の熱量を多大に注ぎ込まないと、絶対に成果は出ません。

そこで、自身を律する覚悟を持つためにも、プロ意識を持つことが非常に重要なのです。

 

収益が拡大すればするほど、このプロ意識の重要性がわかってくるはずですので、如何に最初からこの意識を持ち始めれるかが、ビジネス成功のキーポイントになります!

 

お客さんの信頼を確保し、さらなる利益にできる

 

先ほども述べたとおり、どんなビジネスでも、最終的には“人対人”のお金のやり取りになり、ここには、“信頼”や“満足度”などといった目に見えない価値も併存しています。

 

そしてこの目に見えない価値にこそ、収益というのは付属してくるものです。

 

なぜかというと、一度の取引で先に述べた“信頼”や“満足度”を得ることができると、また機会が生まれた時に自分を優先して買ってくれることが多く、このお客さんのリピート購入こそ、後々の収益の拡大につながり、自身の資産となるからです。

 

しかし、誠実にプロ意識を持ってお客さんと取引しなければ、自分の固定客になんてなってくれるはずがありません。

 

リアルビジネスはもとより、ネットビジネスでお互い顔がわからないとしても、プロ意識の高さというのは必ず伝わりますし、不誠実さも同様に伝わります。

 

1円でもお金を頂いているのでしたら、しっかりとプロ意識を持ってお客さんに対応しましょう。

※ただし、たまにいるモンスターカスタマー(俗に言うクレーマー)には可能な限り関わらないようにしましょう。本当に時間の無駄ですから(^^;)

 

充実感が生まれる

 

プロ意識を持ってビジネスに取り組んでいると、お客さんから喜びの声や、感謝の気持ちを届けてもらうことがあります。

 

<例:クリスマスシーズンに海外限定のクリスマスツリーを購入してくれたお客様から>

 

こうゆうのもらった時

「自分が精一杯プロ意識を持って、迅速丁寧に取引を行った結果、お客さんの満足度に変わってる。」

って本当に感じるんですけど

 

むっちゃ嬉しいんですよね。笑

 

こういった言葉が、方々からいただくことによって、

おれ今、お客さんが満足することしてんじゃん!しかも一人で!

ってなって、超絶な充実感を得れます。

 

そして、この充実感がさらなる原動力となることで、ビジネスも拡大でき、満足させられるお客さんの数も増えてくるという、超良好サイクルになるわけです(^^)

 

参考⇒【ヤフオク!】落札者と信頼関係を築く4つの取引メッセージ

 

効率が上がる

 

 

会社で働くにしろ、個人でビジネスを行うにしろ、“効率よく作業する”というのはとても収益拡大に際し重要なポイントになってきます。

 

ではなぜプロ意識をもつことで効率が上がるのか。

 

それは、プロ意識の根源に

もっとこのビジネスを伸ばしていきたい、詳しくなりたい。

という思いがあるからです。

 

だからこそ、1日24時間という限られた時間を、

如何に効率よくビジネス拡大に充てられるか」、と考える思考になるわけですね。

 

ただ、会社員で業務を効率化するのと、自分で行うビジネスを効率化するのでは、大きな違いが一つだけあります。

 

それは、収入の増加の有無です。

 

会社員である限り、どれだけ自分の業務を効率化して会社の収益を上げたとしても、自身の収入に直結することはほっっとんどありません。

これはとある例ですが、年間に3億売り上げる営業をしているエリートサラリーマンでも、得た報酬というのは会社内での成績トップ賞と、10万円の金一封だったそうです。

 

正直言って、成績トップ賞なんて栄誉ではありますが、飯の足しになるわけではないですし、3億の売り上げに比べたら10万円なんて米粒ほどです。

 

これが、会社員の宿命です。

 

しかし、自分のビジネスで仮に3億売り上げたらどうでしょう。

 

まるまる収益として確保できますよね?

(まぁ実際は税金で半分くらい持ってかれるのですが、それでも1億5千万円残ります)

 

 

だからこそ、自分でビジネスを行う際には、率先して効率化を行うためにも、プロ意識というものが必要になってくるのです。

 

(プロ意識の育成の費用対効果を、会社員と個人事業で比較したら、すんごいことになんじゃないか?笑)

 

 

まとめ

・プロ意識を持つことで、ビジネスに対する考え方と行動が変わる

・プロ意識を持って行ったビジネスは、必ずお客さんの満足度に変わる

・お客さんの満足度は、後々の自分の資産になる

 

 

 

 

 

以上で、今回のテーマを終了させていただきます。

 

 

何か記事の内容でわからない事や、質問などございましたら、お気軽にご連絡ください!

 

 

それでは、最後まで読んでくださり誠にありがとうございました(^^)

 

また次の記事でお会いしましょう!

 

だいき