【ebay輸入】商品が届かない?違うものが届いた!?仕入れ時のトラブル解決方法をご紹介

こんにちは、だいきです!

 

あなたは輸入ビジネスをしている中で、

あなた1
商品がいつまでたっても届かない…
あなた2
頼んだ商品と全然違うものが届いた

なんて経験ありませんか?

 

輸入ビジネスをやっていると日常茶飯事ですが、最初の頃はどうやって対処したらいいか不安なものです。

 

そこで今回は、そんな時の対処法をお話させていただきます。

 

具体的な流れは、以下のような流れで対処します。

 

注意してほしいことは、一番最初からPayPalに異議を申し立てないことです。

 

PayPalは基本的に

「まずは直接自分で連絡して、君達で解決してね♪」

ってスタンスです。

 

なので、最初から「助けてドラ〇も~ん」という感じでPayPalを頼ってはいかんわけです。

(まずは秘密道具に頼らないで自力で頑張る!頑張れ、の〇太!)

 

例えが過ぎましたね。

 

では話を元に戻し、順を追ってみていきましょう!

 

海外セラーに連絡する

 

まずは購入先の海外セラーに、仕入れトラブルの内容を送ります。

 

これはebay上からでも、直接相手のメールアドレスに送るのでもどちらでも良いです。

(ebayで海外セラーに直接連絡を取る方法は『ebay輸入で海外セラーに直接質問する方法』を参考ください。)

 

今回は例をとって

「商品が2か月届かない」

というパターンで説明を行わせていただきます。

 

内容は以下のような文章で構いません。(コピペOKです!)

Dear sir or madamm.

The other day,I bought your ”商品名”
But two month has passed since purchasing, the item does not reach.

Please let me know the location of the current product.

Best regards.
〇〇

 

<日本語訳>

親愛なるセラーへ

先日、私はあなたから“商品名”を買わせていただきました。
しかし、商品を購入してから2か月たちましたが、いまだに届きません。

現在の商品の所在を教えてください。

よろしくお願いいたします。
〇〇

 

このようなの文章を送れば、たいていのセラーは誠実に対応してくれ、セラーの方からPayPalを通して返金処理を行ってくれます。

 

しかし、稀にセラーからの返信が無かったり、対応が不誠実だったりする場合があります。

 

そんな時は遠慮なくPayPalに異議・クレームを提出しましょう。

 

PayPalの異議・クレームのあげかた

 

PayPalには、トラブル対応の所作が“異議”“クレーム”に分けられます。

 

一段階目で異議を提出し、セラーからの対応が無かったらクレームとしてあげられ、PayPalが強制調査に乗り出してくれます。

 

セラーに異議を提出する

 

まず、PayPalホームページの左下の『問題解決センターで問題を解決』をクリックします。

 

 

その後に、『問題を報告』をクリックします。

 

 

 

過去の取引内容の一覧が出てきますので、ここでトラブルが起きている取引を選択し、右下の『続行』をクリックします。

 

 

 

次に、問題内容(この場合は未承認か否か)を選択し、『続行』をクリックします。

 

 

 

異議の理由を『商品が来ないのか』、『商品が違うのか』を選択し、『続行』をクリックします。

 

 

 

情報を入力し、『続行』をクリックします。

 

この時の売り手へのメッセージは、以前にセラーへ直接送付したメールをそのまま使えばOKです。

 

 

これで、マイペイパルのトップページに以下のような表示がでます。

 

 

 

これにて、異議は提出完了です。

 

この異議の時点では、まだPayPal自体は動いてくれませんが、セラーのもとにはPayPalからの催促がきているので、これで返信が来るパターンがほとんどです。

 

それでも、返事がない場合はクレームにエスカレートしましょう。

 

クレームにエスカレートさせる

 

クレームにエスカレートさせる場合は、異議を提出してから20日以内でなければなりません。

忘れっぽい人は注意しましょう!

 

具体的なやり方は、先ほどの問題解決センターのページに飛んだ後に異議を上げるべき項目の『表示』をクリックします。

 

その後に、『この異議をPayPalクレームにエスカレートする』をクリックして完了です。

 

こうすることで、PayPalが調査を行ってくれます。

 

もし商品が届いてない場合は、相手がどれだけ届けたと主張しても、届けた証拠(追跡番号など)が無い場合は必ず返金対応になります。

 

買手の味方・輸出ビジネスの相棒“PayPal”、日々ありがとう。

 

クレーマーにならないよう注意が必要

 

ただし、異議やクレームのあげすぎには注意してください。

 

一か月間にあまりに多くクレームをあげすぎると、PayPalからクレーマー認定されてしまい、利用に制限がかかる場合があります。

 

だいたい、月に3回が限度と言われていますので、それ以上は少し間を置いたり、直接連絡をしつこく送ってみるなどの対応をとりましょう(^^)

 

まとめ

・商品が届かない場合、まずは自分で海外セラーに連絡を取ってみる

・セラーから返金がない場合は、PayPalに異議を申し立てる

・異議を上げても誠実な対応がない場合、クレームにエスカレートさせる

 

合わせて読みたい記事

ebay輸入者必見!May not ship to Japanを日本へ配送してもらう方法

2017.11.18

 

なお、輸入時のもっと詳しいトラブル対応やebay輸入ビジネスで脱サラした方法・エピソードはメルマガにて無料配信しています。

 

開始2ヵ月で月利10万円を達成するためのマニュアルも今ならプレゼント中ですのでお気軽にご登録ください。

↓↓↓登録はこちらからどうぞ↓↓↓


以上で、今回のテーマを終了させていただきます。

 

何か記事の内容でわからない事や、質問などございましたら、お気軽にご連絡ください!

 

それでは、最後まで読んでくださり誠にありがとうございました(^^)

 

また次の記事でお会いしましょう!

 

だいき