ebay値下げ交渉術その②『PayPal履歴から直接取引編』

こんにちは、だいきです!

今回は、“ebay値下げ交渉術その②『PayPal履歴から直接取引編』”というテーマでお話します。

 

以前に、海外セラーに値下げを交渉する術は大きく分けて以下の三つだということを、このブログで紹介しました。

 

①Make offerを使用した方法

②PayPalの決済履歴から相手に直接連絡する

③ebay内で質問コーナーから交渉する

 

以前はebay値下げ交渉術その①『Make Offer編』でebayの機能を使ってセラーに交渉を値下げ交渉を行うということを紹介しましたが、今回はそれよりも少しだけ高度な方法です。

 

この方法を使用することにより、交渉術その①よりも手間は増えますが、値下げ交渉に対応してくれる確率は格段に高くなります。

 

その内容とは、PayPalの決済履歴からメールを送って直接取引するというものです。

 

ではなぜ、直接交渉だと値下げ交渉できる確率が大きくなるのか。

 

その解説も含め、内容の方に入っていきましょう!!

 

なぜ直接取引だと値下げがされやすいのか

 

なぜ直接取引だと値下げがされやすいかと言うと、“手数料が取られないから”です。

 

ebayをはじめ、大方ほぼ全てのネットショッピングでは、売り上げの数%をサイト運営側に手数料として支払わねばなりません。

 

みなさんもご存知かもしれませんが、

というように、平均して売り上げの10%近くをサイト運営側に持ってかれてしまいます。

ebayも例に漏れず、商品を売った場合は手数料として10%を手数料としてebayに支払わなければなりません。

 

なので売り手目線だと、ebayを通して売るか直接売るかでその売り上げは違ってくるのです。

 

例を取り、売り手が200ドルの商品を売ったとしましょう。

 

 

そのまんまですが、売り手はebayを通さないだけで、通す場合よりも10%の得をします。

 

PayPalの決済履歴から相手のメアドをゲット

 

この方法を使用するためには、一度相手と何かしらの形でPayPal上で取引を行わなければなりません。

 

ただし、その取引内容は何でも構いません。

 

・セラーがebay上で売ってる最も安い商品

・特に値下げ交渉をしなくても利益が取れると見込める商品

 

などなど、あくまで取引をすることが目的なので、商品自体はなんでもいいです。(ただし、あまりにも損する商品はだめですよ?)

 

そのうえで、PayPalホームページへアクセスします。

 

そこで、行った決済取引欄を確認してください。

 

 

ここで、直接取引を行いたいセラーの決済履歴ページを開き、『旧バージョンのページに移動して~』をクリックします。

 

(稀にこのページの『売り手の情報』にセラーのメアドが載ってる場合もあります)

 

 

 

すると、もう少し詳細な取引内容が表示されますので、この画面下段ほどの『売り手のメールアドレス』を見てください。

 

 

<↓拡大図>

 

載ってますねーー。笑

 

これで相手セラーのメアドゲットです!

 

このメアドを駆使して、ebay上の取引をどんどん個人のメアドで行えるようになれればベストです。

 

セラーの方も、一度取引をしたことのある相手ならば信頼をしてくれて、その後の取引も円滑に進めることができますし、何回も取引を行っていると稀にものすごい値下げをしてくれる時があります。

 

向こうが“大口のお客さん”だと認識してくれたらこのような値引きもあるわけですね。

 

この状態になることはそんな簡単ではありませんが、ここまで来たらもはやその商品については無敵ですし、ヤフオク市場を独占することも可能になります。笑

 

なので、この方法は一度取引をした相手には積極的に使っていきましょう!!

 

注意
直接取引においても商品トラブルを防ぐため、絶対PayPalを通して購入するようにしてください。

PayPalの詳しい情報と登録方法はこちら

 

では次に、どのようにして取引を行えばよいのかを説明します。

 

セラーとどのようにして直接取引するか

 

海外セラーのアドレスをゲットしたら、自分のビジネス用のアドレスを使って取引メールを送付します。

 

参考に私が使っている取引メールを載せます。

Dear sir or madamm
I’m a Japanese buyer.
My name is (自分の名前)

Two days ago, Thanks for selling(買った商品名)
This item is so good.

By the way,
I want to buy your item” (商品名)”
This item ID is (アイテムナンバー)

If you can sell these (個数) items by (値段) US dollars including shipping cost, I’ll buy them at once.
Also I can deal with PayPal directly so please think about it positively.

Best regards
(自分の名前)

 

<日本語訳>

親愛なる取引相手様へ
私は日本の卸売人です。
名前は(自分の名前)と申します。

二日前は(買ったアイテム)を売っていただき誠にありがとうございました。
とっても良い商品でした。

ところで、
私は、あなたの”(商品名)”という商品を購入したいと思ってます。
そのアイテムIDは(アイテムナンバー)です。

これら(個数)個を送料込みで(値段)米ドルで販売できる場合は、一括で購入させていただきます。
また、私はPayPalを直接扱うことができますので、前向きなご検討をお願いいたします。

以上、宜しくお願いします
(自分の名前)

 

といった具合に相手方にメールを送信します。

 

早ければ翌日、遅い場合は3日ほどで返事がきます。
(ちなみに土日は抜いてです。)

 

POINT
海外の人は、ほんっっとに土日は働きません。
なんなら、月曜も日曜の余韻でほとんど働きません。笑

なので、送った場合は少し気長に待っておく気持ちでいるとよいでしょう。

まとめ

・直接取引だとセラーは10%得する

・だから値下げ交渉に乗ってくれやすい

・何度も取引して、“大口の客”になったら最強

 

合わせて読みたい記事

【輸入ビジネス】ebay輸入はリピート仕入れで安定利益を確保しよう

2017.12.11

 

なお、ブログに載せていない値下げ交渉術はメルマガにて無料配信しています。

 

1円でも安く仕入れることが、大きな利益になる輸入ビジネスですので、知りたい方はお気軽にご登録ください。

 

今なら、開始2ヵ月で月利10万円を達成するためのマニュアルも今ならプレゼント中です。

↓↓↓登録はこちらからどうぞ↓↓↓

以上で、今回のテーマを終了させていただきます。

 

何か記事の内容でわからない事や、質問などございましたら、お気軽にご連絡ください!

 

それでは、最後まで読んでくださり誠にありがとうございました(^^)

 

また次の記事でお会いしましょう!

 

だいき