作業時間を半分に!ショートカットキーの定番11選をご紹介

こんにちは、だいきです!

 

PCをメインにして仕事をする輸入ビジネスですが、その作業を効率化するためにとても重要なのがショートカットキーです。

 

今回は、たくさんあるショートカットキーの中でも、抑えておきたいショートカットキーを紹介します。

 

なお構成として、定番モノと便利モノに分けていますが、使えるものはどんどん使えるようになっていってください。

 

それでは内容の方に入っていきます!

(MacとWindowsのどちらにも対応した内容です。)

 

定番ショートカットキー11選

 

ドドンと紹介!定番ショートカットキー11選です!

 

No. 操作 Windows Mac
1 直前の操作を元に戻す Ctrl + Z command + Z
2 直前の操作を繰り返す Ctrl + Y command + Y
3 全て選択 Ctrl + A command + A
4 文字検索 Ctrl + F command + F
5 コピー Ctrl + C command + C
6 貼り付け Ctrl + V command + V
7 切り取り Ctrl + X command + X
8 保存・上書き保存 Ctrl + S command + S
9 新しいタブを開く Ctrl + T command + T
10 タスクの切り替え Alt + Tab command + Tab

⇒command + F1

11 タスクを全て最小化 Windows + D command + option + m

 

以上が定番ショートカットキー11選です。

 

普段サラリーマンをやっている方なら、何度も見たことがあるショートカットキーも多いと思います。

 

なかでも、「Copy & Paste」はもう常識中の常識ですよね。

 

輸入ビジネスをする場合は、特にこの「Copy & Paste」と、「8番:タスクの切り替え」が使えると便利ですよ(^^)

 

意外と便利なショートカットキー9選

こちらは、あくまで応用編として紹介しますが、使えるようならジャンジャン使っていってください。

 

これをナチュラルに使えると、作業効率はさらに上がり、

だいき
全然マウス使ってないおれちょっとかっこいい

とか思い始める現象が起こります。(←あくまで主観です。)

 

以下がその9選です!

No. 操作 Windows Mac
1 開いているページをお気に入り登録 Ctrl + D command + D
2 マウスの右クリックと同じ Shift + F10
3 現在の日付を入力 Ctrl + : command + :
4 現在の時刻を入力 Ctrl + ; command + ;
5 Excel上で名前を付けて保存 F12 F12
6 新しいフォルダーを開く Ctrl + N command + N
7 オートSUMでの集計 Alt + Shift + = command + Shift + T
8 スクリーンショットを撮りファイルで保存

(保存先)

Windows + PrtScr

(ピクチャ内のスクリーンショット)

shift + command + 3

(デスクトップ)

9 ハイパーリンクの追加 Ctrl + T command + T

 

以上が応用編“意外と便利なショートカットキー9選”です。

 

これらは、最初から全部使えるようになる必要はありませんが、効率重視の輸入ビジネスでは、いずれ使う機会が増えてくるはずです。

 

そんな時のためにもまずは「習うより慣れろ!」です。

 

ジャンジャン使っていきましょう!

 

そのうえで、

「やっぱりショートカットキー使わない方が効率いいわ」

というような方は必要分以外は使わないでいいだけですので(^^)

 

最後に

 

何度も言いますが、輸入ビジネスでは“作業効率”がものすごくものを言います。

 

他にもショートカットキーは、100種類以上存在するので、機会があれば望みのショートカットキーを調べてみるのもいいかもしれません。

 

そうして、どんどん作業効率とともに収益も上げていきましょう!

 

また、ebay輸入ビジネスで独自の輸入ルートや外注戦略を築いたノウハウや、副業で月利40万円を稼ぎ、会社に縛られない人生を得るまでのエピソードはメルマガにて無料配信しています。

 

今なら2ヵ月で月利10万円を達成するためのオリジナル教材も無料配信していますので、お気軽にご登録ください。

 

↓↓↓登録はこちらからどうぞ↓↓↓

合わせて読みたい記事

絶対必見!輸入時に覚えておくべき法律7選

2017.11.14

 

それでは、最後まで読んでくださり誠にありがとうございました(^^)

 

また次の記事でお会いしましょう!